SMAPをテーマにした研究を教授に発表してみたよのある日。

いろいろ落ち着きはじめ、ちょっとは笑い話にできるかなと思い、今書きます。

 

 

 

SMAP解散騒動。

SMAPのファンじゃない人、ましてやジャニヲタじゃない人たち、とにかく日本国民1度はSMAPという文字を見たのでは。

SMAPは私にとって特別な存在であり、とても身近な存在なのです。中居担な母に育てられた私は、SMAPに育てられたといってもいいほど。ジャニヲタになった入り口は、SMAPであり、香取慎吾であり、今でも永遠の憧れなのには変わりない。いつも大我君のことばっか書いているけど。

 

この1か月、とにかく辛く、そして悔しかった。こんなに毎日24時間SMAPのことばかりを考えていた時間は、人生で初めてな気がする。人って大切な人に何かあった時と、わからない不安に押しつぶされそうな時が、一番弱くなってしまう気がしました。同時に来るもんだから、もう魂抜けた状態で大学に通っていましたよ。

不安に押しつぶされて泣きそうになるから、SMAPのことあんまり考えないようにしようとしているのに、大学に行けば、友達からも後輩からも「SMAP解散しちゃうの?」と聞かれ。「私が聞きたいわ」と思いながら言葉を返せず、ただ苦笑いしかできなかったことが、昨日のよう。

 

で、本題。

 

解散騒動が発表された日。ちょうど騒動が初めて言われた日。その日私は、大学で自分が行っている研究の発表会でした。現在大学3年の私は、来年卒論を書くためのデータ集めとして、個人研究と呼ばれる研究を行っていまして。その研究内容を教授とかね、同じ学部の生徒大勢の前でね、発表するんです。割と緊張するやつですよ。それだけでも嫌なのに、私の研究テーマが、

 

 

 

 

 

 

SMAPのコンサートにおける経済効果と満足度」

 

 

母に「あんた何か持ってるんちゃう」と言われました(笑)

自分でも頭抱えましたよ。

 

 

なんで今日やねん!!!

と思いましたよ。朝から100回ぐらい。

 

パワポをプロジェクターに写し、「今回私が発表する研究は~」と私がしゃべり始めた瞬間、

 

 

ザワザワ、ザワザワ、ザワザワ

 

一斉に会場ざわつき始める


本当に凄かったんですよ。本人登場かよ!並みにざわついて、めちゃくちゃ困ったんですよ(笑)本当に(笑)話しづらくてづらくて(笑)

まぁ、でもそりゃそうでしょうなー、そうなるのはわかるよと思いながら、もう必死のパッチで研究発表しました。

 

研究内容は主に、お金のことなのですが。

  • チケット代
  • グッズ代
  • 交通費

が年々、どう変化しているのか、またコンサートの公演数は年々どう変化しているのか、会場はどこで行われているかなどを、SMAPデビューから現在まで全部調べ上げて比較してみたり。まだ研究終わってないので、今後はこれからの提案に持っていければとか考えているところです。

今回の騒動があったからなのか、SMAPの力なのか、割と会場の人たちは真剣に聞いてくれて。他の発表者の時は、スマホいじってる人が多かったけれど、一瞬ちらっと座席を見ると、みんなプロジェクター見て、真剣に聞いてくれている気がしました。顔がちゃんと正面向いてる人ばっかで、凄いうれしかったです。

一番反応があったのがグッズ代。今回グッズを全種類1つずつ買った合計を、ツアーごとに出して、折れ線グラフにしたんですね。「高っ!!!」という言葉がいろんなところから聞こえたのと、「全部買う人なんているの?」なんて言葉も。そりゃ、2014年のMr.Sの場合、全グッズ買うと9万近くの値段になっていたので、一般の人からすれば、ビックリするのも間違いない。9万あれば、服何着買えるか。デパコス何個買えるか。海外旅行だってできる。

でもね、いるんです!!!てか多いです!!!複数買いのほうが多いデッス!!!と心の中で。

普段、チケット1枚に1万円近くまたはそれ以上出したり、グッズも値段気にせず買っている生活をするジャニヲタな私。そしてその環境で育ったからか、ジャニヲタじゃない人たちと、凄い価値観ずれてるんだなーって改めて強く実感させられました(笑)ジャニヲタ金かかってんだなぁーって(笑)まぁでもそりゃそうですよね(笑)

あとSMAPのグループ名の由来を説明をしたとき、「え。名前とかじゃないんだ」って言っている人がいて。P誰なんだよwwwって笑いそうになりました。

でもメンバーが元々は6人だったと説明した時は、皆さん知ってる感じでしたね。頷いてる方が多かったです。きっとこれも5人がよくテレビで森くんの話をするからなのかなぁって思いました。


ぜんぜん研究っぽくないからか、すごいラフに教授も生徒も聞いてくれたようです。そのおかげで、いろんな反応がありました。

あーんまり勉強チックじゃないからか、全員の教授にうけたわけではない。生徒の人たちはみんな真剣に聞いてくれてる人が多かったけれど、退屈そうにしてる教授も、もちろんいた(笑)へっ。って凄い悔しかったけど正直。でもゼミの教授から、非常に良いデータがちゃんと取れていると褒めていただき、ジャニヲタ捨てたもんじゃねえなと思いました。

でもね教授。このデータね、普段の私の生活の一部なんだ(笑)ごめんね(笑)


そういえば発表後1人の教授から、こんな質問がありまして。

SMAP解散報道ありますね。あなたがもし、SMAPのマネージャーだったら、グッズや1人単体で売ってくのか、それともコンサートをやって5人で売るのか、どうマネジメントしていきますか?

 

 

キターーーーーーー!

絶対こういう質問来ると思ってたーーーーー!!

覚悟してたよ先生!!!

でもわかりきった質問すんなよぉぉぉぉ!!!!!

と思いながら笑顔で「ビジネスとか関係なしにこれからも5人でコンサートします♡」と答えておきました(笑)


いろいろあったけど、自分の得意分野を発表することは、想像以上に為になったし、ジャニーズを見つめなおすいい機会になった。


 本題は以上。



最初に笑い話になるかなぁって書きましたけど。

実際は、全然笑い話なんてならなくて。私はこの研究テーマを卒論にするつもりだけれど、正直卒論にするのやめようかとも思った。書くたびに何かいろんなことを考えてしまいそうで。もし、今後何があったらどうしようって考えてしまったり。

でもスマ兄たちはきっと毎日、変わらずSMAPを必死で守ってくれている気がするんですよね。そう気付いた時、スマ兄たちの凄さを、お前がまとめなくて、誰がまとめるんだいって神様に言われてる気がして←大げさ

今回の件で、SMAPの日本の経済をどれだけ動かす存在かってすごいわかったんだと思うのです。今だって、CDは売れている。ちなみに私も買い続けている。だから、趣味で終わらせるんじゃなくて、何か使えるデータにできたらなって思います。だから、笑い話にならないよう、ガチのトーンの話になるように、必死で卒論をかき上げようと、今は思っています。

いつかスマ兄たちに読んでもらえますように!!!的な!(笑)


はい、以上でーす。