スーベニア自分なりのまとめ(ただ話が途中から逸れてる)

「終わっちゃったなぁ…って。」

 

そんな感情の現在。

私の観劇は東京公演のみでした。まぁー人生で1番通いました(笑)本当に楽しい期間だったー!

最後は2階での観劇でしたが、もう涙をボロボロ流しながら観てました(笑)止まらなかったんですねー涙(笑)実は舞台の最終日に観劇したことが今まで一度もなかったのです。きっと涙が止まらなかった理由に、これもあるのでしょう。


あー、単純に本当に楽しかった。本当に楽しかった。

ここが良かったとか、ここが好きとか言い出したらキリないので、4つだけ。 

あ、最初に言っておきます。全部私が観て私なりに受け取ったことです。きっと他の方は、スーベニアをいろんな受け取り方をしているはず。だから、ふーんぐらいで流してください(笑)


1.全部きみ次第

2.恋に落ちた瞬間

3.ジェンキンスが話してる間、そっと優しい目で見てるデューク(グレーの衣装)

4.ラストのアヴェマリア


はい、まず1.ですね。全部きみ次第

2幕の真ん中らへんの時に歌われる曲。だんだんタイラーやジャニスが増えてくんですけど、心がギューっとなる。回数を重ねるごとに、どんどん声も伸びていき、魅力的になってった気がします。ジェンキンスを大切に思っていることが、すんごく伝わるんですよ。ただ好き!大好きbot!!じゃなくて、愛しているの中に、尊敬や真心がある感じ。この真心が、ジェンキンスと出会った頃にはないなーと私は感じていて、だんだんとデュークの感情に生まれていき、この歌で本当の愛に変わってるなーって、時の変化がわかります。こう感じるのは、大我くんが歌に感情を乗せているからこそ。

それとね、観劇した際いつも思っていたのは、大我くんは歌う時ちゃんと会場全体を見るんです。これってなかなか出来ないことなんだろうなぁと、私はジャニワを観劇した際に感じていて。ジャニワでは、大我くん以外にもいろんな方を観ましたが、結構大体の人の目線は、1階席の前の方だけなんですよね。全体をちゃんと見るか、前だけなのか。この違いってすごい大きいことだと思うんです。大我くんは全体を見てくれているから、どんな席であっても、ちゃんと歌ってる時の表情がわかる。大我くんの好きなところの1つです。


次に2.。クレイジーリズム

「さぁ〜歌おう!クレイジーリズム〜!」ですね。何回かこの歌は出てきますけど、今回はアカペラじゃない方。

とにかく!!!!!!!

菊地美香さん演じるミーシャとデュークがキャッキャしてるのが可愛すぎて、もう1人で頭抱えながら観てました←

私はこの2人を勝手にトイプードル姉弟と呼んでいますが← 語彙力ないのですいません。とにかく可愛いという言葉しか出てこなくて。毎回このシーンが楽しみで楽しみで仕方なかった!!!


はい、次です。

3.ジェンキンスが話してる間、そっと優しい目で見てるデューク(グレーの衣装)

ここ。ここですね、デュークの表情が本当に男らしくて。男らしいというか、男らしい優しさ?何ていうか。本当に大切な彼女のことを見守る紳士って感じです。語彙力なくてすいません(笑)このシーン、デュークは手すりにつかまってジェンキンスさんのことをずっと見守ってるのですが、本当にここの表情が1番好きってぐらい。多分このシーンは、尊敬<愛してる が強い気がした。


はい、次です、最後です。 

4.ラストのアヴェマリア

もう、言葉が出ないぐらい素晴らしかった。1分もないあの数秒の表情の変化と細かさと。あれはもうさすがとしか言えませんでした。ジェンキンスを見つけたと思ったら、ふって消えちゃうんでしょうね。手を伸ばしてジェンキンスを想っている感じ。ただただ涙がボロボロ止まりませんでした。


最初にも言いましたが、あくまで私の受け取りです。


東京公演しか行けなかったのが悔しいですが、今回を通して再確認したことがあります。

・大我くんの背中を追いかけて、ずっと付いていきたいということ

・大我くんの歌が好きだということ

私は、エリザベートで大我くんのファンになったので、多くは語れません。見ていないものを見たかのようにも、語りたくありません。失礼だから。観た数だって少ないし、全部知りたいけど、知らないこともきっと沢山ある。けれど、あの時の、エリザベートを観劇した時の、

この人が見てる世界を私も見たい、この人に付いていきたい

という感情は、正しかったよと、自分に改めて伝えたい。大我くんのファンになってから、知らなかった世界を沢山見てる気がします。劇中曲のミーシャが歌う夢をともにの歌詞が本当にそのまま私の思いで。

あなたが歩む その向こうにある

見たことのない

夢を 共に叶えたい

あなたが歩む その向こうにある

誰も知らない

世界 共に歩きたい

大我くんが叶えたい夢を叶える瞬間を、一緒に見たい。

きっと大我くんは今に納得なんて絶対してないと思います。本当はこうしたいのかなって勝手に想像しているけど(笑)

どうかこれからも、大我くんの思い描く未来を求め続けてほしい、そしてその求める背中に必死で付いていきたいなって思います。前も言いましたが、大我くんは追い越せないんですよね。追いつけない。だから必死でちょっと後ろでも頑張ってファンとして大我くんと同じ世界を見れるように、必死で付いていきたいなと思います。

そして大我くんの歌が好きだなぁって。

キーワードは心なんですよね。ジェンキンスさんが音楽とは心で聴く音と言っていたように。大我くんの歌には感情がある。心に問いかけてくれるんです。だから、歌に隠れてるメッセージを、ちゃんと届けてくれる。きっと大我くん自身が歌を愛しているからこそ、感情が生まれるのだと、私は思います。素敵な歌い方だなぁと思うのです。

そういえば大我くん、パンフレットやいろんなところで、自分の作った歌でファンにいろんなメッセージを届けたいと言ってます。大我くんが届けたいメッセージって何なんだろう。最近ずっと考えちゃうんですよね(笑)

きっとクリエで大我くん、自分で作った歌を歌うのかなって思ってます。聴きたくて聴きたくて、聴きたくて仕方ないのですが、私は残念ながらクリエ外れてしまいました…。いつか聴けたらいいな、大我くんが作った歌。


なんか相変わらず話逸れすぎわっしょいなのですが、何度も何度も大我くんのファンになれてよかったと、心から思うのです。大我くんのファンになれたことは、私の誇りです。本当にスーベニア楽しくて楽しくて仕方なかった!素敵な思い出をありがとう。就活がんばれそうです(笑)←

ここ立て続けに落選なので、次はいつ大我くんのステージを観れるかわかりませんけど(笑)エリザベートまで、大我くんのが頑張ってる姿を見れないかもしれませんが、悲しすぎるけど、、、。

大我くんも戦ってるので、私も負けないように頑張ろうと思います←


はい、以上でーす。